本当の私に塗り替える|美容外科で美しさを手に入れよう

女性

妊娠線を消したいときは

施術

顕微針療法システムとは

今、若い年代の母親たちの間で、妊娠線にどう対処するかということがよく話題にのぼっています。妊娠線は一度できてしまったら消えないので予防するしかないという意見もネット上などでよく見られます。岡山の美容外科では、こうした妊娠線の悩みにも対応しています。妊娠線はお腹やお尻などに多くできますが、特に自分ではよく見えないお尻の場合、予防や対処もやりにくいし、できてしまったのを目にしたときはショックが大きいものです。そんなときは岡山の美容外科に相談してみるとよいでしょう。岡山の美容外科の中には、MTS顕微針療法システムという方法で妊娠線治療を行っているクリニックがあります。この方法は一般にニューダーマローラー療法と呼ばれており、これからさらに注目されていく方法であるとみなされています。

成長因子の働きを助ける

岡山の美容外科で行われているニューダーマローラー療法では、非常に細かい針のついたローラーを肌の上で転がします。針は大変細いものなので、肌に大きな傷などがつく心配は不要です。この微細な針は肌にごくごく細かな穴をつけますが、それによって肌の自己修復メカニズムが働き始めます。肌は自分でも成長因子と呼ばれるものを出して回復しようとしますが、岡山の美容外科ではさらにその働きを強めるために成長因子をその小さな穴から送り込みます。それによって肌の修復機能はさらに活性化され、新しい健康な肌が再生されていくのです。このようなメカニズムによって、今までは消すことが難しいといわれていた妊娠線も、岡山の美容外科で消すことができるようになっています。